出会い系サイトとは/出会い系サイトで熟年恋人と出会う01

熟年世代が出会い系サイトを使い恋人を見つけるためにまず出会い系サイトについての基礎的な部分の解説します。
出会い系サイトとは、インターネットを通じて出会いを求める男女の集まるサイトの呼称です。主に男女間の出会いを提供する場が多いという印象もありますが、メル友や趣味友探しを目的とした出会い系サイトでは同性間の出会いも可能です。
男女間の出会いに関しても、恋人探し〜結婚相手まで目的別に20、30代が多く集まる若者向け〜50、60代の熟年向けまで年代別にもさまざまな種類の出会い系サイトが存在しています。

出会い系サイトの種類/出会い系サイトで熟年恋人と出会う01

出会い系サイトの種類は料金体制によって3種類に分けることが出来ます。
登録料やメール送受信料など一切のサイト使用料が無料の完全無料の出会い系サイト、使用する時々に応じてポイントを購入する有料ポイント制の出会い系サイト、月や年を通して一定の金額を支払う定額制の出会い系サイトの3種類です。

完全無料の出会い系サイト/出会い系サイトの種類

完全無料の出会い系サイトのメリット
何といっても出会いにお金が掛らないことは大きなメリットです。メールもたくさん送る事が出来るので、出会いのチャンスが広がります。
特に金銭的に余裕のない20、30代の若い世代や出会い系サイト初心者に人気があります。

完全無料の出会い系サイトのデメリット
完全無料ということで会員数は膨大な数へとなります。そのため競争率も高くなってしまう傾向にあります。
また最近では完全無料の出会い系サイトを窓口とし系列の有料サイトへと同時登録をされるという危険性も含んでいます。
あまり熟年世代は多くありません。

有料ポイント制の出会い系サイト/出会い系サイトの種類

有料ポイント制の出会い系サイトのメリット
一番魅力的なのは女性会員の多さです。
多くは女性無料としている場合が多く女性にとっては完全無料の出会い系サイトと大きな差がありません。しかし男性会員はというと金銭面の負担が掛る出会い系サイトを選んだということで篩に掛けられ競争率が少なくなります。
余裕のある熟年世代が多いので、同世代の恋人を探しやすいです。

有料ポイント制の出会い系サイトのデメリット
やはり金銭的な負担があるということです。 有料ポイント制の出会い系サイトでは使う程に料金が発生してしまうので、それが大きな負担になると思うでしょう。
しかし有料である代わりに機能面での充実やサポート体制の強化がされていると考え少しでも使いやすい出会い系サイトを選ぶ事がポイントです。

定額制の出会い系サイト/出会い系サイトの種類

定額制の出会い系サイトのメリット
月や年を通しての金額が決まっているために、ついつい使い過ぎるということがなく安心です。有料であることでサポートもしっかりとしている出会い系サイトが多いです。
また定額制ではポイント消費のためのサクラが比較的少ないです。

定額制の出会い系サイトのデメリット
忙しくてまったく出会い系サイトを使わない場合でも一定の料金が掛ります。数日だけ、半月だけなどと短期的に使う場合には向いていません。
またいくら使っても金額は同じということから、比較的のんびりと相手を探す場合が多く他の種類の出会い系サイトに比べて初回で会えるまでの期間が長いです。

出会い系サイトへの登録準備/出会い系サイトで熟年恋人と出会う01

出会い系サイトのようにインターネットを介して見知らぬ相手との出会いを提供しているサービスでは信頼と秘密保持が必要不可欠です。
安全に出会い系サイトを使うためには登録前に自分できちんと準備をしましょう。

フリーメールの取得/出会い系サイトへの登録準備

出会い系サイトへの登録は可能であればフリーメールで登録してください。
フリーメール以外のメールアドレス(プロバイダメールや携帯メールアドレス)などは容易に変更することは出来ず、万が一情報が流出してしまった場合には迷惑メールなどの悪質な用途で使われる恐れがあります。 その点フリーメールですと、すぐに使用停止することが可能です。
一人で複数のメールアドレスの取得が可能なので複数の出会い系サイトを使いたい場合は出会い系サイトごとにメールアドレスを取得するとサイトの管理がしやすくなります。
大手検索サイトのGoogleやYahoo!にもサービスがあるので、熟年世代でも簡単に取得でき安全に出会い系サイトを使うことが出来ます。

身分証の提示/出会い系サイトへの登録準備

出会い系サイト運営者は2009年2月の出会い系サイト規制法の改正により、18歳以上であることの確認を義務付けられています。これは18歳未満の出会い系サイトの登録防止のためです。
法律で決められたことなので、身分証の提示を求められない場合は良く無い出会い系サイトと判断出来ます。
出会い系サイト規制法で確認が義務付けられている身分確認は以下の3点です。

出会い系サイトを利用する者の生年月日
出会い系サイトを利用する者の提示した証明書の種類
出会い系サイトを利用する者の身分を証明する発行元

住所など個人情報に関係するものの提示は必要ありません。個人情報は隠して携帯カメラで撮影したデータをメール送信するか、コピーしたものをFAXするだけで大丈夫です。
有料の出会い系サイトを使うのでしたら、本人名義のクレジットカードで利用料金を決済するようした場合は身分証明書の提示は必要ありません。

熟年世代で評価の高い出会い系サイト

ワクワクメール
イククル(18禁)
ハッピーメール<18禁>